ISD個性心理学とは

   

ISD個性心理学とは?(元祖動物占い)

『ISD個性心理学ロジック』は、生年月日に隠された性格や能力等を統計学に基づいて分析・検証した分類データから成り立っています。

大きく分けると3分類。これはアルゴリズム(太陽・月・地球の位置関係を数値化し、計算や問題を解決するための手順や方法)によって分類されたものです。さらに12分類・60分類・レール・リズムと、人の個性を細分化することで100万通り以上に分類されます。

これらは統計学が軸になっており「○年○月○日生まれの人は○○な考えが多い」「○○な個性の人が多い」という見方をします。
このデータから、更に個性を動物に置き換えてイメージ化したものが「12分類」「60分類」です。性格をキャラクターに例えて分類することで、行動パターンや特性などをより具体化しました。

またキャラクターサークルとは全く別の「レール」という分類で、さらなる細分化を図っています。ライフスタイルという位置付けで10種類に分類し、生きていく上での目的を明確にしたものです。どのキャラクターが何処に向かって生きているのかが分かる分類と言えるでしょう。

キャラクターの分類で個性を明確にするだけでなく、人生のリズムサイクルを解明しているのも『ISD個性心理学ロジック』の大きな特徴です。リズムの特性は10種類。毎日・毎月・毎年変わるライフスタイルも、実はあるサイクルにより成り立っています。好調期・低調期のサイクル、その時どんな現象や兆候が起こりうるか、そしてその対処方までを提案したものと言えます。

これらの統計的なデータを誰でも直ぐに活用出来るよう体系化したものが『ISD個性心理学ロジック』です。自分以外の個性が分かることで、状況に応じた対応術などにも応用出来ます。全国各地でのセミナー展開や企業コンサルティングなどを通じ、企業や教育現場と多岐にわたって活用されているのです。

12分類の動物キャラクター。それぞれの個性の特徴

12分類112分類2

 - ISD個性心理学