イカ砂漠マラソンへ挑戦 vol.6〜涙のシェアリング〜

      2017/12/29

こんなに泣いたのはいつ以来だろう

もしかしたら歴代TOPに君臨したかもしれない

10人でシェアした涙の時間

人生の宝物となりました

2日目のタイムアウトし連れて来られたのが四つ星のリゾートホテル

ハッピーって喜ぶ事もできず心はぐったり

と言うのもこの場所に来るまでがハードすぎた

CP1で砂嵐の中待つ事6時間(2時間後って聞かされてましたけど。。。)

かごしマンは地上絵描いてた(笑)

結局、車ラリーカーのように揺られなたら下山

すると用意されてたのはバスでなく軍用車

揺れる事3時間

疲れもピークになりながら

自腹なのか、無料なのかもわからないまま

高級リゾートホテルに連れて来られた

気持ちはどん底だった

悔しかった

久しぶりにお風呂に入り

久しぶりに普通の食事を食べ

久しぶりにフルーツを食べ

久しぶりに美味しい水を飲んだ

幸せだった

けどそれ以上に悲しかった

心の中に何度も押し寄せる想い

ゆりかをゴールに、一緒にゴールしたかった

その悔しい思いの呪縛からは

その日の夜も次の日の朝も抜けることはできなかった

2人で泣くしかなかった

そんな2人を前に進む力を与えてくれたのが

同じくタイムアウトした10人の仲間とのシェアリングでした

悔しい想いも

前向きな想いも

腹黒い部分も

全てありのままを心から語ろう

ありのままを認め合おう

10人がそれぞれの想いを語った時間

何時間話してたんだろう

「みんなでゴールしたかった」

「今は残りのメンバーを笑顔で迎えれる自身がない」

「本当はもっと声をかけて欲しかった」

「どこかで余裕をかましてる自分がいた」

どの想いも自分自身に置き換える事のできた

自分の想いを代弁してくてるような感じがした

だからずっと泣いてた

自然と涙が溢れ出てた

10人がありのままの想いを語り合った時間

たくさんの思い出がフラッシュバックした

たくさんの仲間たちの顔が頭に浮かんだ

愛がいっぱいの時間だった

みんなを愛おしく想った

10人のメンバー語れてよかった

そして改めて

ゆりかと一緒に挑戦できてよかった

ゆりかと一緒にこの場所にいる事に感謝した

ずっと寄り添って歩けた事に感謝した

ゆりかありがとう

失敗で良かったんだ

みんなに心から感謝を伝えよう

前に向けた瞬間だった

絵に描いたようなゴールは出来なかったけど

19人のメンバーのうち10名がこの時点でタイムアウト

それぞれの役割を与えてくれた瞬間だったのかもしれない

失敗からはたくさんの事を学ぶ事だできる

失敗は失敗ではなく

成長するための1STEP

挑戦するから見える世界

挑戦した人だけが感じる世界

この体験をたくさんの人にしてほしい

一歩踏み出すこと大切さを伝えたい

これからも挑戦し続けたい

大切な人と共に。。。

 

普段なら絶対泊まらないであろう

高級ホテルで語った時間は人生の大きな宝物となりました

正午に到着するはずのスーツケースが

19時に到着すると言う素敵なハッピータイムのお陰で

まだ今も歩き続ける9人のメンバーを笑顔で迎えるために

10人の物語がスタートした瞬間だった

続く。。。

イカ砂漠マラソンへの挑戦vol.1〜リマ到着〜

イカ砂漠マラソンへ挑戦vol.2〜リマのホテルメンバー集合〜

イカ砂漠マラソンへ挑戦vol.3〜決戦前夜〜

イカ砂漠マラソンへ挑戦vol.4〜大会1日目〜

イカ砂漠マラソンへ挑戦vol.5〜運命の2日目〜

 

 - イカ砂漠マラソン, ブログ, 失敗から学んだこと