モチベーションの2分類『未来展望型』『過去回想型』

   

モチベーションの2分類について

モチベーションのあげ方も人によって異なります

 

例えば「ハワイ旅行が当選」した瞬間のあなたの意識

Aさん:「ハワイで何して遊ぼう」「何食べようかなぁ」って現地に頭が行く人

Bさん:「仕事休めるかなぁ??」「追加でお金はいらないの??」

 

こんな感じで2タイプの思考が生まれるんです

「えっ本当に??」って不思議に思ったかもしれませんが事実です

 

Aさんは、未来のことにフォーカスするので、旅行に行っても荷物が少ない

「現地で調達」「もしくは誰かにかりればいいや」って

一方、Bさんは過去のデータから考慮するので、

「あの時はこれが必要だったから」って荷物を詰め込み何泊するのってぐらい荷物を持ってくる

 

未来のワクワクを知りたいのか、リスクを知りたいのか

Aさんはリスクを多くしればやる気を無くし

Bさんはワクワクだけでは動きません

 

その人にとって必要な情報を提供してあげましょう。

 

未来展望型

EARTH(狼、猿)MOON(こじか、黒ひょう)SUN(チーター、ペガサス)

リスクやデメリットを伝えるとやる気が失せるタイプ(先アメタイプ)
動きにスピード感があり、身軽なイメージ

●マネジメントにあたって、まずは希望やメリットの追求を優先させる
●チャンスには敏感ですが、楽天的で出費や見通しには少々甘くなりがち
●小さく収まるのではなく、多少全体のバランスを崩してでも思い切った発想を試みることが大切
●様々な可能性をイメージするので、結果の前に期待や夢の大きさを知る事で意欲が削がれる
●未来の話が好き
●旅行の荷物は少ない
●同窓会では今の話

 

過去回想型

EARTH(虎、子守熊)MOON(たぬき、ひつじ)SUN(ライオン、ゾウ)

リスクやデメリットを伝えないと、後でクレームが来るタイプ(後アメタイプ)
動きにスロー感があり身重なイメージ

●マネジメントにあたって、まずはリスク負担やデメリットの追求を優先させる
●石橋を叩いて渡るような慎重さを見せますが、時に悲観的になって冒険心を失うこともある
●チャンスを逸する可能性もあるので、全体のバランスを把握し、情報や企画を絞り込むことも必要
●成果に応じた報酬を掲示されることで意欲をそそられる
●過去の話が好き
●旅行の荷物は多い
●同窓会では過去の話

 

 

スポンサードリンク

 - ISD個性心理学, 気まぐれブログ