言葉のチカラ 〜否定語と肯定語〜

   

否定語と肯定語

普段何気なく使う言葉

「その言葉が否定語なのか肯定後なのか」考えずに使ってる人が大半だと思います

僕自身もそうでした

 

例えば子どもたちにこんな言葉使ってませんか?

大切なものに「触らないでね」

お店の店内など「走らないでね」

 

これ実は否定語で肯定後に直すと

「じっと見ててね」「ゆっくり歩こうね」

 

同じ意味合いなのに心への感じ方違いませんか?

世の中にはこんな言葉がいっぱいなんです

 

「遅刻しないでね」ではなく「○時○分にきてね」

「緊張しないようにね」ではなく「リラックスしてね」

 

言葉のお勉強もイメトレで学びます

 

マイナスのイメージを引き寄せる

そもそも何で否定語をつかっちゃダメかっていうと

 

こんな経験ないですか??

 

緊張しないようにしないようにって思えば思うほど心臓がバクバクしちゃった事

「失敗してはいけない」って思えば思うほどうまくいかなかった事

 

これが95%の無意識のチカラ

 

だから大切なのは否定と戦ってはだめ、認めること

 

「緊張してても大丈夫」「失敗しても大丈夫」って

認めてあげる事が大切なのです

 

意識せず口にしてる否定語

相手に向かって言ってけど、実は一番最初に聴くのはあなたの耳

 

自分自身にも否定語(マイナスのエネルギー)を注いでるのです

 

せっかく相手のためを思って言ってるなら、否定語ではく肯定語で

まずは意識することからスタートして見てくださいね

 

そして今まで使ってたことを責めないで下さいね

 

今から気にしたら良い、意識して気づけばいい

 

だって学校では教えてくれなかったことだから(笑)

だって知らんかったんだもん(笑)

 

言葉のエネルギーの実験結果

これはG-nius5の養成コースで、10期生のメンバーで行った言葉の実験です

「きれいで素敵」って言われてる子は輝き続けるの対して

「ぐずでのろま!!」って言われてる子は自信をなくす

 

 

この実験も同様です

そしてここで注目してもらいたいのが、水の色

 

肯定語は透明なのに、否定語の水はこんなに濁っちゃうんです

 

あなたの身体60%~80%は水分

この実験と同じ影響を及ぼしてるってことです

 

愛ある言葉をたくさん浴びせる毎日にしてくださいねぇ

 

スポンサードリンク

 - イメージトレーニング, 気まぐれブログ