もう一度戻りたいと思える場所

   


昨日の木曜日はいつものように平島に

時間の経過はあっという間

気がつけば災害から20日あまり

たくさんの人が一緒になってこの地域を元の姿へと日々集い活動している

市内、県内だけでなく、県外からも応援も多数

 

そして、何度も参加する中で不思議と故郷のような感覚にもなってる

地域の人と顔を合わせ当たり前のように笑顔挨拶を交わし、当たり前のように会話をする

とってもあったかい雰囲気

こんな形で地域に密着して活動できてるのも " チームはるはる " の特徴だなと思う

 

もう一度戻りたいと思える場所作り

ボランティアとは、本来そこにする人たちが笑顔で過ごせるように復興させるのが目的だと個人的に思ってます

 

「せっかく参加したのにあまり活動できなかった」って声もたまに聞きますが、参加したことで1人でも笑顔で挨拶を買わせたのであればそれでOK

 

時間とかそんな問題ではない

それがその日のあなたの役割だから

 

だから、ずっと被災場所に入って活動してる人だけがすごいんじゃなく、みんながこの現状を忘れず "今を大切に生きること "" 出来ることを、出来る時にすること " が大切

一度きりの満足ではなく、継続的にすることが今必要なこと

 

だから僕らは出来る時に参加しています

ワンプラスワンという場所を守らないと生活できないから

つまりワンプラスワンに来ることも復興ですね(笑)

自分たちのペースで笑顔の場所に

がんばろう岡山

スポンサードリンク

 - 気まぐれブログ, 西日本豪雨